危険なこと

歯が1本ぐらいなくても平気なんて思っていませんか

歯磨きが嫌い、面倒臭いと思っている方は少なくないでしょう。しかし虫歯になって初めて歯科に行き、根元まで腐っていてもう抜歯しかないとなってしまうともう入れ歯をするか、インプラントをするか、そのまま歯がない状態で過ごすかしか選択肢がなくなってしまいます。歯は28本もあるから1本ぐらいなくても平気と思われる方もいるかもしれません。しかしそれは危険な考えです。歯というものはずっと同じ場所に留まってはいません。ですから歯並びが悪い場合矯正歯科に行き歯並びを矯正することができるわけです。歯が1本ないと歯はその隙間を埋めようと少しずつ動いてきます。そうなってくると歯並びが崩れることになり噛み合わせがおかしくなってきます。噛み合わせがおかしくなったことによってさまざまな病気を引き起こす可能性が出てきます。

食べるならやっぱり自分の歯で

それではインプラントはどうでしょう。インプラントについては全てが保険適応外です。まずかなりの費用がかかります。人によって合う合わないもあるようなのでその辺を考慮する必要があります。では保険でできる入れ歯はどうでしょう。入れ歯があるからいいじゃないか考えられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし入れ歯をして初めて感じる事は食事というのは口全体で感じているものだということがそうです。入れ歯の部位にもよるでしょうが、歯肉部分にかかるところに入れ歯の装置があるとその部分は味覚を感じないわけではなく食感なども全く感じないそうです。そうならないためにもしっかりと歯をみがき、ちょっとおかしいなと思ったら歯科で見てもらい、予防のために定期的に歯科に通うことが楽しい食生活を送るために有効なことであるのは明らかでしょう。

Copyright © 2015 歯科を利用して綺麗な歯にする〜目的に合わせて利用可能〜 All Rights Reserved.
Designed by:www.alltemplateneeds.com / Images from: http://wallpaperswide.com/ www.photorack.net